公認会計士USCPAとは?

uscpa試験に合格し、各州認定の登録と申請を済ませ、営業許可証が付与されると、晴れて米国公認会計士としての業務が可能になります。
米国と日本の公認会計士は全く別の資格です。
にもかかわらず、日本人がuscpa合格のみを目指すケースがありますね。
アメリカ各州の登録を済ませないと、公認会計士としての仕事は出来ないのにどうしてなのでしょう?アメリカに移住する訳でもないのに、何故この資格が必要なのでしょう?それは、合格者が就職、転職する先を見れば分かります。
主に外資系企業や日本発であってもグローバル企業です。
uscpa合格者という事は、イコール英語力と海外の会計業務に精通しているというれっきとした証拠になるのです。
こちら