特定看護師の特徴って?

通常、看護師は医師が患者に対して行ってほしい行為を看護師に伝え、その指示を受けた看護師が患者に処置を施していきます。
確かに、超音波検査やエックス線などの検査の補助を特定看護師が行う事ができれば、医師の負担はかなり軽減されることでしょうし、薬の処方の方法や中止するのかどうかも特定看護師が行うことができるようになれば、患者側にも医師側にもメリットはあるでしょう。
既に海外では、特定看護師と同じような役割とを担っている看護師がおり、実際に医療現場で活躍されています。
良く考えてみれば、治療行為のほとんどは医師が行っているわけです。
すべてにおいて医師が行う必要がない症状もあるわけですから、こういった部分を特定看護師が担うことができれば、医師不足の解消にもつなげる事ができるでしょう。