フラット35の印紙代はいくら?

フラット35などの住宅ローンを利用する場合、融資を受ける時に金銭消費貸借契約書という書類を作成しなければなりません。
これはフラット35に限らず、そのほかの各種住宅ローン商品についても同様です。
その際に契約書1通につき、それぞれ所定の収入印紙を貼る必要が出てきます。
この収入印紙はいわゆる印紙税を収めるためのもので、契約書に収入印紙を貼って消印を入れれば、それで税金を収めたことになるのです。
印紙税は借入金額によって増減しますので、フラット35などの住宅ローンでは当然借入金額が大きくなりがちですから、印紙代も高額になることも多いのです。
一例としてあげてみますと、1000万円超5000万円以下では2万円、5000万円超1億円以下では6万円というように決まっています。
フラット35に不満あり?悪い・普通の口コミを検証!【問題点は何?】