カードローン2パターンある返済方式

カードローンには様々な返済方式があり、それぞれのカードローン会社ごとに異なります。
まず、毎月の返済額を借入元本の金額で均等に割り、それに利息を加算した元本均等返済方式があります。
始めのうちは返済額が多いですが、返済の度に借入残高が減っていくので利息も減り、返済の回数を重ねるごとに返済額が少なくなるという利点があります。
更に、毎月の返済額と利息の合計を返済開始時から終了時までの期間で均等に割る、元利均等返済方式もあります。
この残高スライド返済方式は、月々の返済額が少なくて済むので返済が楽ですが、全て返済し終わるまでにある程度期間がかかってしまうのが特徴です。
また、月の返済額を前もって決めておき、月の返済額と全体の利用合計額により返済回数が決定するのがリポルビング返済方式で、先の残高スライド返済方式もこの返済方法の一種だと言えます。
一部増額返済方式には、月々に支払うよりも多い額を返済して返済期間自体を短縮する期間短縮型繰り上げ返済方式と、返済期間はそのままで毎月の返済額を減らすことを目的とする返済額軽減型繰り上げ返済方式の2パターンがあります。